人に知識を教える

ノート

学生時代にしっかりと勉強をしてきた人は、教員免許を取得しておくと、学校などの公的教育機関だけではなくて、塾でも仕事をすることが可能になります。学校で教える場合には、教員免許は必須になり、ちゃんと更新していることが重要になります。奈良の塾の場合は教員免許を持っている方が歓迎される傾向にありますが、もし持っていなくても仕事をすることはできます。有名大学を卒業していたり、在学中である場合には、それだけで勉強の基礎がしっかりとできているという証拠になるからです。塾の仕事は、子供たちが学校から帰宅した後の授業になるので、夕方から夜の時間帯に仕事をすることになります。そのため、夕方から夜間にかけて家にいなくても大丈夫な人に向いている仕事になります。

奈良の塾の仕事は、他人の子供たちに勉強を教える仕事なので、人間性がしっかりしてかなければトラブルの原因にもなります。単に勉強を教えていればいいというわけではないので、人としての在り方等の姿勢も、子供たちには示していかなければなりません。いくら勉強を教えることが上手でも、言動に問題があったり、子供たちや保護者との距離感の測り方を間違ったりすると、クレームをうけたりすることもあります。学校ではなく、塾だからといって、勉強を教える仕事にのみ集中しすぎないように気を付けて、事務的にならないように努めなければなりません。塾の仕事は一般的なアルバイトとは違って、高給であるので、その給料に見合ったような人間性も示していく必要があります。