感謝される仕事をしよう

ノートをとる人

日本は少子化社会が進行していますが、一方で保育園の不足問題は社会を大きく揺るがしています。その背景には働くママの増加や育児休暇を1年と限定している企業が多く、休暇明けの1歳児クラスがなかなか入りにくいという状況があります。そのため、地方自治体だけの問題ではなく国も直接保育園問題への解決へ動くようになりました。今後保育士の仕事環境は改善する可能性が高く、今離職している人もこれから保育士を目指す人も、今まで以上に良い条件の求人が見つかる可能性があります。保育園での仕事は子どもの笑顔に触れる仕事ですから、やりがいもありますし人から感謝される機会も多い仕事です。また、子どもの成長を間近で感じる仕事ですから自分自身も人として成長を感じます。

保育士の仕事の採用は柔軟性があります。一度正社員として働いていても、ご自身の妊娠・出産で正社員として働くことが難しい場合があります。しかし、需要が必ずある仕事ですから、パートやアルバイトとして復職できる機会が多いのです。また、保育士の仕事は保育園に限定されるものではありません。最近では民間の一時預かりサービスも多く、駅ナカと呼ばれる空間でもこうした施設が増加しています。また、地方自治体が運営している子育て支援センターなどでも保育士の需要はあり、採用枠も増加しています。採用を柔軟に捉えればかなり多くの採用枠が存在しているので仕事に困る、ということがあまりありません。扶養内での働き方も広がっているので調べてみましょう。